支部・共同養育コンサルタント

更新日:2019年8月

|ご相談から面会交流支援までトータルサポートを行う各支部・共同養育コンサルタントの紹介です。

DSC07486a.jpg

慶應義塾大学法学部卒業

エネルギー業界に20年勤務。広報や秘書を担う。

 

子連れ離婚経験者。離婚当初、夫と関わりたくないが故に息子と父親の交流に消極的に。父親を奪われた息子が不安定になったことをきっかけに、前向きに面会交流に取り組み始めると息子はもちろん自分自身もハッピーに。

離婚後も親子関係は変わらない、夫婦は破綻してお親同士の関係は続くことを、離婚前に知っておきたかった後悔から、​20年間の会社員生活にピリオドを打ち、2017年一般社団法人りむすびを設立。

りむすびの活動を通して、別居・離婚後の子育てや相手方との関わりで悩む人たちのサポートを行うとともに、離婚しても両親が子育てに関わる「共同養育」の普及に取り組む。

*ご相談場所:田園都市線用賀駅など

*連絡先:rimusubi@gmail.com

​ (既存案件のみの対応となります)

代表・本部

 しばはし聡子

望月写真.jpg

立命館大学卒

求人誌を中心とした媒体社で勤務後、独立。
 

私自身の幼少期。「子どもはこうあるべきだ」と考える個性強い母親の価値観から、

私を解放してくれたのは、父の「好きに生きなさい」の言葉。

その救われた経験から「異なる価値観」を伝えることは「混乱させる」ではなく

「選択肢を与える」「子供を一人の人間として尊重すること」であると実感している。
 

その点から、りむすびの「離婚しても親は二人」のスタンスに共感し共同養育コンサルタントの道へ進む。

 

親同士の心の架け橋として、それぞれのご家庭に合った共同養育の形を

一緒に探していくサポートができればと思っています。

*ご相談場所:東急東横線綱島駅界隈など​

*連絡先:rimusubi.mochizuki@gmail.com

理事・横浜支部

 望月啓代

042のコピー.JPG

中央大学法学部卒業

団体職員として16年勤務。交渉業務などを担う。その後心理学を学び、現在はコーチングを行うとともに、引き続き産業カウンセリングを勉強中。


子連れ離婚経験者。離婚後の親子について考えていた中「面会交流」などの現状に子どもの気持ちを尊重していると感じられる情報が乏しく「親のせいでひとり親にしてしまうのか」との想いに苦しむ。


りむすびの共同養育に出会うと、離婚後の娘に対する不安がスッと軽くなったことを実感する。手探りの面会交流を続ける中で、娘と父親が安心して絆を深めていく姿を見て「離婚しても親はふたり」との考えは子どもだけでなく親のこともラクにしてくれるのだと感じ、共同養育コンサルタントの道を志す。

 

りむすびの活動を通して、離婚しても子どもが愛されていると感じることのできる機会を失うことがないようにとの想いで、別居・離婚後の子育てや親同士の関係に苦悩する人たちのサポートを行う。

 

*ご相談場所:小田急線経堂駅、成城学園前駅界隈など
*連絡先:rimusubi.fujiwara@gmail.com

本部

 藤原映美

◆これまでの活動

 行政・自治体の方へ

 講演実績

 取材実績

◆フォーム関連

 お問い合わせ

 無料メルマガ会員

 会員制オンラインサロン

copyright© 一般社団法人りむすび All Rights Reserved.